スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN 11「想い の 力」

蜃気楼
ラクシャータが、新たに開発したゼロ専用のナイトメアフレーム。
絶対的な防御力を誇る。
公式より



なるほどねー。攻撃は藤堂かカレンに任せるわけだ。

って
ええええええええええええええええええ
複座式じゃないのおおおおおおお

ゼロとCCが一緒に乗ってるのが良かったのに・・・

さて前回窮地に追い込まれたゼロ。
どんな策でひっくり返すのか。

中華連邦にいるゼロはさよこさんかなーと予想してたのですが・・・

「兄さん少し調子に乗りすぎではないですか?」
「そのように見えましたか?申し訳ありません。」

と学園のルルがさよこさんでした。
ここまで完全に化けられるなら
なんでもアリな気がしてきましたw

天子がいる黒騎士は
相手が手出ししてこない、と読んでいましたが、
大宦官は黒騎士や天子、シンクーと全員まとめて消すつもりなようで。

その事実を知ったシンクーは大宦官を撃ちにいこうとしますが
ジノが行く手を阻みます。
どんな事情であれ国の代表は天子無き今大宦官であり
テロリストのシンクーではないのです。

「私も暁で出る。」
「CC」
「ん?」
「不利になったら脱出しろよ。」
「ふっ・・・その前に手を打っておけ。」

なるほど。予告でチラッと写ってたバイク式のナイトメアは暁か。

外で藤堂、千葉さん、朝比奈が応戦。
そこへスザクがランスロットで押さえに出ます。

藤堂「くっ・・・スザクか!?」

とうとう呼び捨てキターwwwwww

ゼロは大宦官に連絡を取り、取引を持ちかける。

「ほう~。直々に敗北を認めるのかな?しかしもう遅いわ。」
「どうしても攻撃をやめないつもりか?このままでは天子も死ぬ。」
「天子などただのシステム。代わりなどいくらでもいる。
 取引材料にはならぬな。」
「貢物としてブリタニアの爵位以上を用意しろと?」
「ほほっ耳ざといこと・・・安い見返りだったよ実に。」
「領土の割譲と不平等条約の締結がか!」
「我々には関係ない。そう。ブリタニアの貴族である我々には。」
「残された人民はどうなる!?」
「ゼロ。君は道を歩くときアリを踏まないように気をつけて歩くのかい?」
「尻をふいた紙は捨てるだろう?それと同じだよ。」
「国を売り、主を捨て、民を裏切り、その果てに何かをつかむつもりか!?」
「驚きだな。ゼロがこんな理想主義者だとは。
 主や民などいくらでもわいてくる。虫のようにな。」

こんなやり方がまかり通ると思ったんだろうかw
頭悪いなぁ大宦官。

天子はイカルガの甲板に出て停戦を呼びかけますが
もちろんそこを狙おうとする大宦官。
シンクーが天子が外に出ているのに気づき、
神虎で攻撃を防ぎます。カックィー

「お逃げください!天子様!」
「えっ、シンクー!?」
「せっかく外に出られたのにあなたはまだ何も見ていない。
 ここは私が防ぎますから!」

「でも・・あなたがいなきゃ・・・シンクー!
 私は・・あなたと・・あなたと・・・」
「もったいなきお言葉・・・されど・・・」

ここすごいきゅんきゅんしたw

私には救えないのか・・守れないのか?
あれから6年全てはあなたのために準備してきたというのに・・

「誰か!誰でもいい!彼女を救ってくれ!!!」


「分かった。聞き届けよう。その願い。」

待ってましたとばかりにゼロがナイトメアで出撃。
神虎ごと爆撃を防ぎます。
パッと見ガウェインぽいですがその名は蜃気楼。(ぇーwww)
絶対的な防御力を誇るゼロ専用KMFです。

「中華連邦並びにブリタニアの諸君に問う。
 まだこの私と・・ゼロと戦うつもりだろうか?」


勝算が見えると無駄に態度でかいのがゼロクオリティw

大宦官は一斉射撃を蜃気楼に仕掛けます。

「なるほど。それが大宦官としての返答なのか。」
しかしゼロはヘンなポーズつけながら(ここ大事)
すばやくコマンドを入力w
攻撃を防いだ上 へんな三角の物体を飛ばし
それにビームを当てビームを拡散させ中華連邦を一斉に殲滅。
(なんていう攻撃なのか今の時点でよくわかりませんw)

ブリタニアはパンダ皇子に指示を仰ぎますが
パンダはゼロの出てきたタイミングから
何かまだ策を仕掛けている、と読みます。さすがパンダ。

「哀れだなシンクー。同国人に裏切られ、たった一人の女も救えないとは。
 だが、これで分かったはず。
 お前が組むべき相手は私しかいないと。」


なんというツンデレw

「だからといって部下になる気はない!」
「当たり前だろう。君は国を率いる器だ。
 救わねばならない。天子も。貴公も。
 弱者たる中華連邦の人民全てを!」

「そのナイトメアでこの戦局を変えられると思っているのか?」
「いいや。戦局を左右するのは戦術ではなく、戦略だ。」

ここで中華連邦に緊急入電。
各地で暴動が発生しているようです。

実は先ほどの大宦官とゼロとの通信記録を
ディートハルトが民衆に流していたのです。
先週仕掛けの準備、といっていたのはコレですね。

「フン・・天子のおかげで大宦官の悪役っぷりが際立ったな。」
「まさか、あいつらが裏切ると読んだ上で・・・」

しかもこの人民蜂起はクーデターにあわせて元々シンクーが用意していたもので
それをゼロがさらに利用したわけです。

もちつもたれつじゃーん。

CCと千葉さんがアーニャに向かっていきますが
CCとアーニャが共鳴。
「そういう・・・ことだったのか・・・」
アーニャは昔のルルを知ってるようだし、もしかして魔女?

ブリタニア軍は空爆をしようとしますがパンダは撤退を命じます。

「国とは領土でも体制でもない。人だよ。
 民衆の支持を失った大宦官に
 中華連邦を代表しわが国に入る資格はない。」


兄上・・あなたならそうすると思った。しかし・・・

「皇帝陛下ならどうしたかな?」

殲滅したでしょうね!

ゼロはカレンを探しに大宦官の元へ行きますが
既にスザクに引き渡された後。
そうか・・そうやってお前は俺から全て持っていくつもりか・・
しかしそうはさせない。必ず・・必ずカレンはこの手に取り戻す!


大宦官はシンクーによって刺殺されました。

天子は無事シンクーの元へ。
その感動の場面を見てポーっとしてる千葉さんwwww
やはり乙女なのですね!!!

ディートハルトは中華連邦との結びつきを強めるためにも
天子と日本人を結婚させることを提案。
ゼロもそこは考えていたようで藤堂か・・玉城か・・と悩みますが・・・

かぐや「なりません!!単純な恋の問題です!」
CC「うん。そうだな。」
ディート「私達は戦争しているのですよ。」
千葉「お前は黙っていろ。」

と、女子連中の反対にあうw

まさかCCまで反対するとは・・
シンクーたちならギアスを使えば簡単に賛成するのに
一体どこに問題が・・


困っていると玉城に呼び出され、更にシャーリーから電話が。
ルルはシャーリーに「カップルを別れさせ、周りを説得させる方法」
として状況打破の策を仰ぐw
へんなとこには頭回るなぁ。
しかしシャーリーに「ルルは誰かのためにいつも以上の何かが・・」
といわれ、ナナリーのことを思い出す。
自分だってナナリーのために国を変えようと思った。
それはシンクーだって同じ。
想う気持ちは大事だ、そう思ったゼロはまたヘンなポーズで天子に力説w

「天子よ!!あなたの未来は、あなた自身のものだ!」
「ゼロ・・」

「力の源は心にある。
 大宦官に対して決起した人々も
 私達黒の騎士団も心の力で戦ってきた。」


「ゼロ。君という人間が少しだけわかった気がする。」
「進むべき道は険しいが・・」
「だからこそ明日という日は我らにある。」

シンクーとゼロは握手。
中華連邦はこれで黒騎士に協力してくれるでしょう。

ゼロは一旦エリア11に戻ることに。
中華連邦は不安定な情勢ですが、民衆が立ち上がった以上
シンクー、藤堂もいるし落ち着くのも時間の問題。

「それに、見てみたいだろう?心の力を。」
「成長したな坊や。」
「黙れ魔女」

うーん。やっぱり坊やと魔女のやりとりはいいね!

そしてここでゼロが中華連邦にきた本来の目的が明かされます。
「嚮団」を探してたよう。
VVがいってた「ゼロの目的が「ここ」なら厄介だから」といってた
「ここ」は嚮団だったようですね。
嚮団とはギアスの使い手を生み出し研究している組織。
ここを抑えればギアスの面でも皇帝を上回れると。
しかし嚮団は周到に隠されている上、
当主が交代するごとに位置を変えており探すのは困難。
今はVVが当主で、ヤツが今は中華連邦に組織があると言っていたらしい。
前の当主は勿論CC。(当主ってなんなんすかね?)
中華連邦の領土は広いがルルは通信記録や何らかの痕跡を辿って
国の力で探し出そうとしてるみたいです。
(なんかこのシーンで無駄にCCのお色気ポーズが満載w
 しかもCCが脱ぎ散らかした服を一生懸命ルルがハンガーにかけており
 ヤツの几帳面さがうかがわれますね!)

CCは中華連邦に残り嚮団関連の情報収集をするようです。

ルルは蜃気楼でエリア11へ帰還。
よくよく考えたら飛べるわ海潜れるわ最高じゃないかw<蜃気楼
お迎えにきたロロはとても嬉しそう。

生徒会室に戻ろうとするとシャーリーが待っていました。

シャーリー「ねぇ・・ルル・・昨日のことなんだけど・・・」
実は昨日さよこルルはシャーリーに地下施設がバレそうになり
見られるぐらいなら・・!、とキスして誤魔化していたのです。
さよこさん何て事をwwwwww

そこを撮影するアーニャ。なんか制服きてますwwww

アーニャ「おはよう。ルルーシュ君。」

ジノ「やぁ待っていたよ。副会長のランペルージ卿だね?私たちは・・」
リヴァル「俺たち!」
ジノ「あぁそうか。俺たちこの学園に入ることにしたから。
   それと、社会的立場は学校では無視してくれたまえ。」

ジノも制服着てます!にあわねーwwwww

普通の学生やりたくて入学してきたようです。

ジノ「あははは よろしくぅ!先輩!」
「は・・・はい・・・」

これもスザクの策なのかしら?
最近はスザクのほうが暗い手使うようになってきたねw

予告はルルがすごい真面目になんか言ってるけど
映像が完全に学園祭?ミレイさんの無事を祝う会?
かなんかでおかしなことになってましたwwww
ルルへんなポーズで空とんでたもんwwwww

⇒comment

うん

あれは変なポーズっすわwwww
さよこさんやっちゃったよ~

っていうかとんでもなくぶっ飛んで見ちゃいましたよ。
(まだ全然R2見てないのにっ。汗)
だってTVつけたらやってて、見ずにはいられなかったんだもん!!

>KURI
なんかすごかったよね今回wwww<ポージング
あれがキモかっこいいんだけどさw

まぁ一回さらっと見て
後ほどDVDでも見るのがいいかもしれんw
私もそのうちレンタルでたらまた全部見ると思うし。

来週もキモかっこいいルルが見れそうですw
Secret

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
プロフィール

M

  • Author:M
  • 捕虜ルヤ・・・
    アレハレは宇宙の宝です。
    ゆっくりしていってね!!

    コメント、TB大歓迎でっす!お気軽にどーぞ!(但し、アダルト系TB・コメントはお断り。)
    詳しくはココ参照 / M++

    乙女ゲーム関連記事別ブログ
    プラスチック。

    メッセージなどなどはコメント・記事中拍手・メールフォームからどうぞ。(お返事希望の場合は必ずメールアドレス記載してください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ検索
RSSフィード
かうんた

DQ風味

ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ
ランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。