スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN 16「超合集国決議第壱號」

いやー 毎度のことながら展開はやいねwww

つーか今公式の相関図みたら
シャルルとVVが双子の兄弟とか書いてあった!
そ、そうなのwwwwwwww
そしたらマリアンヌとCCが双子の姉妹とかかね?

あとCCのキャラ紹介のところに不老不死の能力も失ったと書いてあるので
ギアス関係のことが全て欠落したようですね。

こんな大事なことを公式にドン!と書いちゃうギアスもすごいけどwwww

そしてスザクさんとニーナさんが
どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しても好きになれません。

なのでこの二人好きな人はどうぞお引取りください・・

ブリタニアでは「皇帝が行方不明」ということで
中国への侵攻も危ぶまれておりました。
ローマイヤにせめたてられるナナリーをさりげなくかばうジノに
ちょっと惚れかけたw

ルルーシュ側は皇帝がCの世界に置き去りにされた、と考え
ナナリーの当分の身の安全も確保されたことだし
この機に乗じて超合集国構想を進めることに。

CCはいまだ記憶が戻らず。
ルルがふざけていった言葉にも必死に応えようとします。
ルルの一挙一動におびえるCC。(萌える・・w)

完全に戻っている・・ギアスにかかわる前の奴隷の少女に・・

「安心しろ。俺は君にひどいことはしないよ。約束する。本当だ。」


おびえた目でルルを見つめるCC。
こんな状態でCCを食わないルルの精神を疑うわw(性的な意味で)

ルルはネリ様と対面。
「ルルーシュ・・お前はその呪われた力で何を求める?」
「姉上。俺はただ妹を助けたいだけなんです。」
「何を今更・・・」

黒騎士内部ではゼロへの不満が段々出てきました。
話せないことが多いからねぇ・・
しかもロロがいちいち皆に食って掛かるからうざいwwww

一方ブリタニアではスザクがカレンに謝罪。
てかこれなにに対して謝ってるの?リフレイン撃とうとした事?w
カレンさんはちょっとやりすぎではないですか?
というぐらいスザクをフルボッコwwww

「フン。抵抗しないところがほんと腹立つ。
 さぁ。私を殺しなさいよ。
 捕虜がナイトオブラウンズに手を出したんだから覚悟はしてる。」

「まさか。いけなかったのは僕だから。」
「あんたなんか、大っ嫌い!」

カレンさん、もうちょっと殴っていいと思います!!
いい人ぶりたいのか、悪に手を染めてでもそれを良しとするか
どうしたいんだスザクは。

ルルはゼロとしてシンクーとともに会見にのぞみ、
超合集国構想を打ち出します。
シンクーが衣装も新たになっていてちょっとときめいた。
(ときめきすぎですか)
この人の「命短いエピソード」は生かされる日がきますかね?
戦争のすげぇいいところで死にそうだよねこの人w

ゼロの部屋ではCCがうっかりリモコンにさわってしまいテレビがつく。
テレビ相手にびっくりして謝るCC。
もう、、なんていうか、抱きしめたいwwwwwww
部屋に戻ってきたルルがCCにピザを差し出す。
「おいしいか?」
「はい!すごく。すごく!」
「そうか。それはよかった。」
か、かわいいよCC・・・

うだうだ悩むスザクの元にアーニャが。
アーニャは過去の記憶がないという。
皇帝のギアスにかけられてるようだ。
どことつながるのかわからないけど、CCとも共鳴してたし
この子は今後のキーパーソンになりそうだね。
(今のところそんな扱いされてないけどw)

そしてナイトオブテンに絡まれるスザク。
そこへナイトオブワンも。

黒騎士が攻め込むならエリア11だろうということで
ラウンズが集められてるようです。

挙句カレンにも絡むナイトオブテンwwww
なんなんだこいつwwww

ジノ「プライドはないんですか?ブラッドリー卿。
   武器を持たない女性を相手に。」

今日はジノ好感度アップデー?

キャメロットにはニーナが。
フレイヤ(ニーナが開発した兵器)をランスロットにつけたいという。

ロイド「戦術兵器に戦略兵器を載せる気かい?」
ニーナ「それだけの理由はあります。
     1次制圧圏内に含まれた物質は
     フレイヤのコラプス効果によって完全に消滅しますから」
セシル「待って!そんなものをスザク君に撃たせるつもり!?」
アーニャ「同じ民族を虐殺」

----------こっから今日一番のウザポイント----------

ニーナ「スザク。まだイレブンと同族意識があるの?
     私はあなたにフレイヤを委ねたい。」
スザク「僕に・・背負えと?」
ニーナ「ユーフェミア様の騎士でしょう?貴方は。」
ロイド「ニーナ君。この矛盾はさ、スザク君だけじゃない。君を殺すよ?」

この信頼してる風に見せかけて、っていうのがうぜえええええええええ
ほんとはスザクのこと嫌いなくせに!


そして超合集国憲章批准式典。
超合集国構想に同意した各国の代表が集まります。

「外には出るなよ。」
「は、はい・・。あと・・その・・」
「なんだ?」
「いってらっしゃいませ。」
「はぁ?・・・ふっ。いってきます。」
完全に夫婦だwww

玉城は酒を飲んでよっぱらい、
藤堂さんはテレビに出るから、ということで
千葉さんに軽いメイクをされておりましたw

千葉「あの・・この戦いが終わったら私・・。
    と、藤堂鏡志朗に聞いてもらいたいことがあります。」

そこへ扇が。(なんか様子がおかしいけどw)
扇の元へ駆け寄る藤堂。

千葉「逃げた・・」

ううっ。千葉さん可愛そうw

ギルフォードにはオレンジから電話が。
我が騎士、黒騎士クルー!???
ネリ様こっちにいるしね!

合集国憲章批准式典がはじまります。

合集国としての条約は
「固有の軍事力を永久に放棄する。」

そのかわりに安全保障として
どの国家にも属さない戦闘集団「黒の騎士団」と契約する。

なるほどねー考えたもんだ。
戦争を一手に引き受けたわけだね。

ここで黒の騎士団の構成が若干出てたのですが、

CEO:ゼロ
総司令:シンクー

て、ちょっとニヤっとしちゃったwwwwwww

しかしカレンがもうすでに抜けた感じで組まれてるのが気になった。
まぁいない人を頭数に入れてもしょうがないけどさ・・

一番最初の合集国としての依頼は「日本開放」
大義名分ができたわけです。

しかしそこで皇帝が電波ジャック。
これはパンダも知らなかったよう。

パンダ「偽りの劇場を気取られますか・・父上!」

「ゼロよ。それでわしを出し抜いたつもりか?
 だが、悪くない。
 三極の一つEUは既に死に体。
 つまり貴様の作ったこざかしい憲章が
 世界をブリタニアとそうでないものに色分けする。
 単純。それゆえに明快。
 畢竟、この戦いを制した側が世界を手に入れるということ・・
 いいだろう。ゼロ。挑んでくるがよい。
 全てを得るか、全てを失うか。戦いとは元来そういうものだ。
 オールハイルブリターニア!!!」

混乱しつつ部屋に戻ったルル。

皇帝が生きていた!?

「あの・・おかえりなさい。」

いけない・・今すぐにナナリーを助けなければ・・今すぐに!
コーネリアのカードをこちらに・・
いや、人質が通じる相手じゃない。
ジェレミアとロロを使って・・・
ダメだ・・ヤツにギアスは通じない。
ゼロがルルーシュだと世界中に明かしてしまうか?
しかしリーダーが敵国の皇子だとなれば黒の騎士団は崩壊する。
ナナリーを助けても受け入れる国がなければなんの意味もない・・
くっ・・どうすればいい!


「こ、これ・・ご主人様の分取っておきました。
 朝ごはんとられていなかったようでしたから。あの、これ・・」


「うるさい!!」

皿ごとCCを吹っ飛ばしてしまうルル。(サイテー!!w)

破片で手を切ってしまうCC。
ルルははっと我に返る。(とりあえず謝れやwww)

「おい。」
「あっ!ごめんなさい!今綺麗にしますから!」
「そうじゃない!血が出ているじゃないか・・」
「えっ?ああ・・平気です。これくらいいつもより全然平気です。」
「いつもよりって・・」
「でも・・寒いときは助かるんです。ヒリヒリ熱いから・・
 寒いと手足が動きにくくて仕事が・・だから平気です。
 外から痛いほうが、中から痛いよりも・・」


CCの手を取り、自己嫌悪に陥るルル。

「ご主人様、寒いんですか?」
「ん?あぁ・・そうなのかもしれないな・・」

「お前は中から痛いとき、どうしていたんだ?」
「私は・・友達・・?友達がいたらよかったんですけど・・
 親とか兄弟と違って友達ならあとからでもつくれるし。
 でも私にはそんな味方もいなくって・・」

「味方・・」
「あの・・そう聞いたんですけど違うんですか?」
「・・・いや、違わない。それが友達だ。」

それを聞いてルルはあの人に電話。
そう、スザクです。

「これでエリア11はまだ戦場になる。」
「トウキョウ租界も危ないかな?」
「それは君が決めることだろう?」
「えっ?」
「ルルーシュ。君はゼロか?」
「・・・そうだ・・・。俺が・・ゼロだ。」
「・・!ブリタニアの敵が僕に何の用だ?」
「頼む。ナナリーを助けてくれ。
 皇帝は俺をおさえるためにナナリーを人質にしている。
 だから俺は隠れて動くしかなかった。
 頼むスザク。お前以外に頼める人間がいないんだ!」

「君の頼みなんか僕が引き受けると思うのか?」
「思わない・・それでもお前しかいないんだ。」
「身勝手だな・・」
「分かっている!しかし・・お前しか・・お前しか・・
 頼む!ナナリーを・・ナナリーを・・
 守ってください・・!

「・・・分かった。ただし。条件がある。
 ナナリーを守るというのならナナリーがいるこのエリア11に
 君が一人で来るべきだ。場所は枢木神社・・。
 二人っきりで、会おう。


皇子であるルルが「守ってください」とか言うの、屈辱的だろうな。
しかも親友に。

ここらへんがルルとスザクの意識の違いだよね。
ルルはなんだかんだでスザクのこと友達だって思ってるし、認めてる。
でもスザクは友達「だった」とかいってるし、
もう敵としか思ってない。
そこらへんがなんとかなればもっと歩み寄れるだろうに。

でも私はまだ二人が最終的に力をあわせて戦うこと、
あきらめてないよ!!
是非最後はそうなってほしいいいいい
で、ふたりで学園帰りなよ!!!

しかしそもそもの疑問なんだけど
シャルルは何故ルルがゼロだってバラさないの?
記憶戻ってることがわかったんだし、CCにも会えたから
あの中継で「ゼロ、いや我が息子ルルーシュよ!」とか言っちゃえば
黒騎士崩壊するのにね?
やっぱりもう止められないから倒してほしい
とかいうのもちょっとあるんかな。

⇒comment

Secret

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話「超合集国決議第壱號」

今回もいろいろ話が動きましたが… 細かいところは他のブロガー様にお任せして… まずは、 C.C.が可愛いすぎる件 あそこまで人格が変わるとは、ギアスの力恐るべしですね。 ピザが好物ということまで忘れてしまってるのかC.C.… おびえていることがまだ多いC.C.だ...

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話 「超合集国決議第壱號」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 終に実現した超合集国構想。合衆国日本と合衆国中華を中心に批准した国は47ヵ国。これによりEUは完全に弱体化し世界は超合集国とブリタニアに2分化され、世界は新たな局面を迎える。その最高評議会の場で決議された第壱號?...

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話 「超合集国決議第壱號」

第16話 「超合集国決議第壱號」?

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第16話 「超合衆国決議第壱號」

全てを得るか失うか――。 ルルは、対ブリタニア勢力を糾合し、超合集国構想を具現化する。 EU脱退国も加えた勢力はブリタニアに匹敵する...

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN16「超合集国決議第壱號」

コードギアス反逆のルルーシュR2の第16話を見ました。TURN16 超合集国決議第壱號シャルルがいなくなったことで、神聖ブリタニア帝国は中華連邦や黒の騎士団へ攻撃することができず、身動きが取れなくなっていた。――喜んでいいのか?陛下がおられないということはナナリ...
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
プロフィール

M

  • Author:M
  • 捕虜ルヤ・・・
    アレハレは宇宙の宝です。
    ゆっくりしていってね!!

    コメント、TB大歓迎でっす!お気軽にどーぞ!(但し、アダルト系TB・コメントはお断り。)
    詳しくはココ参照 / M++

    乙女ゲーム関連記事別ブログ
    プラスチック。

    メッセージなどなどはコメント・記事中拍手・メールフォームからどうぞ。(お返事希望の場合は必ずメールアドレス記載してください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ検索
RSSフィード
かうんた

DQ風味

ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ
ランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。