スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN 21「ラグナレク の 接続」

面白くなってきすぎてワロタwwwwww

最初「はぁ?もうこの展開ヤダー。言ってる意味わかんねー」
とか思ってたけど
最後の最後でまた盛り上げポイントきて面白すぎるwwwww

2期で今一番面白いかもwwwwwwwww

省略しどころがわからないので今日も長いですw

スザクはどうやら気を失ったようで、
目が覚めるとアーニャとCCが。
「今はマリアンヌ。ルルーシュとナナリーのお母さんよ。」
「はぁ?」
まぁ、その反応は正しいよw

黒騎士はパンダと組んでルルを殺しにかかります。
なんか吹き込まれたか?(先週の悪い顔はそのせいな気がする)
カレンもルルに確かめたいことがある、とかいってたし・・

閉じ込められたルルと皇帝。
ルルは皇帝にマリアンヌを助けなかった理由を聞きます。

アーニャから抜け出してきたマリアンヌも現れ、
マリアンヌ事件のときのことが明かされます。

皇帝は皇族の王座争いがイヤになり、
VVと共に全てを壊すことを決意。
それにマリアンヌもCCも同意。
しかしVVはマリアンヌが来てからシャルルが変わってしまった・・
と、マリアンヌを殺害。
事件をテロリストの襲撃に見せかけます。
マリアンヌは一週間前から預かっていたアーニャに
ギアスで自分の意識をアーニャにうつす。
(人の心を渡るギアス、だそうですよ。)
だからKMFの操作技術がすごくてラウンズになれたんだねぇ。
その事件の第一目撃者に選ばれたのがナナリー。
皇帝はVVに問いただしますが、嘘をつかれる。
(だから「兄さんは、また嘘をついた」なんだね)
皇帝はアーニャとナナリーの記憶を書き換え、
VVから逃すためにルルとナナリーを日本へ預けた。
マリアンヌの遺体を運び出したのは体さえあれば意識が戻れる可能性があるから。
ん?てことはパンダちょっと計画を知ってるのか?
CCはVVがマリアンヌを殺したことを知り、嚮団から姿を消した。
しかしVVとCC、二人がそろわないと100%計画の保証はない。
ということでルルを使ってCCをおびき出したと。

「そうか・・ブリタニアと黒の騎士団の戦いですら
 CCを誘い出すための・・・
 つまり俺は初めから世界のノイズで邪魔者で・・・
 ふっ・・どう思う?お前たちは。」


そこにはCCとCCに頼んで入り込んできたスザクが。

「気づいていたのか?私が現れると。」
「元に戻っていることもな。必要なんだろう?この計画に。」

スザクは皇帝に造ろうとしている世界はどのようなものかと問います。
皇帝はユフィもナナリーも望んでいた「優しい世界」だと言う。
CCと皇帝の刻印を一つにすると新しい世界がはじまる・・

「ルルーシュ 君はなんのために世界を手に入れようとした?」
「くだらない質問をするな。俺はナナリーの・・・」
「ナナリーを言い訳に使うのか?」
「・・・ふっ そうだな。俺は俺が守りたいと思う全てのために戦ってきた。」
「結果を求めるなら何かをなさなければならない。」
「そのための手段は何かを否定することにもつながる。」
「だったら・・」

CCの前に立ちふさがるルル。
「ああ。俺は・・俺はお前を、お前の考えを認めない
 人は何故嘘をつくのか・・ それは何かと争うためだけじゃない。
 何かを求めるからだ。
 ありのままでいい世界とは変化がない。生きるとは言わない。
 思い出の世界に等しい完結した閉じた世界。俺はいやだな。」

「ルルーシュ。それは私も否定すると言うこと?」
「母さんの願いは皇帝と同じなのですか?」
「バラバラだったみんながまた一つになるのは良いことだわ。
 死んだ人とも一つになれるのよ?ユーフェミアだって。」

「くっ・・」
「・・やはりそうか・・。お前たちはそれをいいことだと思っている。
 しかしそれは押し付けた善意だ。悪意となんら変わりがない。」

「皆いずれわかるときが来る。」
そんなときは来ない!!
 一つだけはっきりしていることがある。
 お前たちは俺とナナリーに善意を施したつもりなのかもしれない。
 しかし・・お前たちは
 俺とナナリーを捨てたんだよ!!!

「でもそれは守ろうとして・・・」
「日本とブリタニアの戦争を止めなかったのは何故だ!?
 計画を優先したお前たちは、
 もう俺たちが生きていようと死んでいようと関係がなかったんだ。
 だから捨てた。
 自己満足の言い訳だけ残して!!」

「それは違うわ。」
「今言っただろう!死んだ人とも一つになれると・・未来なんか見ていないんだ!」
「未来はラグナレクの接続・・その先にある。ナナリーの言った優しい世界が。」
「違う!!お前たちが言っているのは自分に優しい世界だ!
 でもナナリーが望んだのはきっと他人に優しくなれる世界なんだ。」


どこまでいっても話は平行線。

「だとしてもそれがなんだ?既にラグナレクの接続は始まっている。」

「どうかな?俺はゼロ。奇跡を起こす男だ!
コンタクトをはずす。
ぐはーwwwルルかっこいいよルルwwwwww

「ギアスなどわしには通じぬ。ほかの者にしても。」
「いいや。もう一人いるじゃないか。」
「ん?・・・!!!!」
「そうだ。Cの世界は人類の意思。そして、人は平等ではない。
 共にお前の言葉だ。
 平等ではないがゆえの俺の力を知っているな?」

「愚かなりルルーシュ!王の力では神に勝てぬ!」
「勝ち負けじゃない、これは願いだ!
 そう・・俺は今こそ自分を知った。神よ!集合無意識よ!
 時の歩みを止めないでくれ!!」


ギアスを人柱?wとなっている神?wに使うルル。
(このへんの世界観がボンヤリなので映像でお楽しみくださいw)

ルルの前にマリアンヌが歩み寄りますがスザクが制止。
「こんなことは、誰も・・・ユフィも望んではいなかった!」
「ユフィと話をさせてあげるために助けたのに。」
「それを押し付けというんだ!」
えらいキャラ濃いぃなマリアンヌwwwww完全DQNじゃないかw

「できるはずがない。神に・・・人類そのものに!」
「それでも俺は・・・明日が欲しい!!

そう言った瞬間ルルの右目にギアスマークが。
(これ両目ギアスマーク出るとなんか意味あるんですかね?
 制御できなくなるとかコードを取得するとかさ。)

Cの世界は崩壊。
皇帝とマリアンヌはCの世界に飲み込まれ、消えていきます。

「これが嘘ではない・・現実の答えだ。」
「でもCCは?CCはどうして消えないの?この計画に賛成していたんじゃ・・」
「すまない。気づいてしまったんだ。 お前たちは自分が好きなだけだと・・・。」

「違う。ルルーシュやナナリーのことだって・・・」
「お前たちは知っているのかナナリーの笑顔の意味を。」
「笑顔?」
「何故分からないんだ!ナナリーは目も見えず歩くこともできなかった。
 だから世の中には自分一人ではできないこともあるって知っていたんだ。
 ナナリーは・・ナナリーの笑顔は・・せめてもの感謝の気持ちなんだ!」

「そのようなごまかしこそが・・」
「それを嘘だとは言わせない!言わせてなるものか!
 現実を見ることもなく高みに立って俺たちを楽しげに観察して・・
 ふざけるな!!事実は一つだけだ!
 お前たち親は俺とナナリーを捨てたんだよ!!


涙を流すルル。せつない・・
求めてた真実は全て哀しいものだったってワケか。

皇帝は消え間際に捨て台詞を。
「わしを拒めばその先にあるのはあやつの・・シュナイゼルの世界だぞ!
 善意と悪意はしょせん1枚のカードの裏表。
 それでも貴様は!」
「だとしてもお前の世界は俺が否定する。消えうせろ!!」

残ったルルとCCとスザク。
CCは二人にこれからどうするつもりかと問います。
「ルルーシュはユフィの敵だ。」
「だから?」


で、一ヵ月後。

シャルル皇帝陛下より重大発表があるとのことで国際生中継が。

しかしその場に現れたのは・・ルルーシュ!
私が第99代ブリタニア皇帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアです。」

ギャーーーーーーーーーーーなにこの夢の展開wwwwwwwwwwwww

オデュッセウスが話しかけます。
「よかったよルルーシュ。
 ナナリーが見つかったときにもしかしたらと思ったけど・・
 しかしいささか冗談が過ぎるんじゃないか?そこは父上の・・」
「第98代皇帝シャルル・ジ・ブリタニアは私が殺した。
 よって次の皇帝には私がなる。」


警備員がルルを取り押さえようとしますが
天井(笑)からとび蹴りで降りてきたのはスザク。

ギャーーーーーwwwww面白すぎるwwwんですけどwwwww

「紹介しよう。我が騎士 枢木スザク。
 彼にはラウンズを越えるラウンズとして
 ナイトオブゼロの称号を与える。」

なんかスザクが悪い顔してるwwwwwwwww
(ルルは元から悪い顔だからw)

ルルはギアスでその場にいた全員にギアスをかけ、皇帝就任を認めさせる。
両目になって効果範囲が広まったのかね。

「ありがとうルルーシュ。
 君が表に出てきてくれたのならもはや問題はない。」

「しかし何故枢木まで・・」
オカマ「元々裏切りの連続で成り上がった男ですから。」
「かまわないさ。ルルーシュに全て差し上げるとしよう。
 ブリタニアという国すらね。問題はその先にある。
 世界を握るのはルルーシュのギアスか、それとも・・・。」
(悪い顔)
パンダまだなんか秘密兵器持ってるな?

以下予告

ふっ。皮肉なものだ。
ブリタニアを否定し続けてきた俺がブリタニア皇帝になるしかないなんて。
だが、やるしかない。俺はみんなのためにも・・・。


パンダの悪意から守るために
スザクと二人で十字架背負った、って感じだね。
嗚呼最後二人が死んだりしませんように・・・

⇒comment

Secret

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュ R2  第21話 「ラグナレク の 接続」

こんな展開になるとは… 予想できた人誰もいないんじゃないか。 超展開の連続はさすがギアス… 30分でよくここまで話が動いたもんだ… アバンからスザクとマリアンヌ&C.C.の会話でいきなりびっくり展開。 しかしこんなの序の口も序の口でした。 スザクに...

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレク の 接続」

ちょ、最後のあれはちょっと……。

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレクの接続」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02 大混乱するエリア11。引き返せない、いや引き返さない。硬く悲壮なまでの決意の元、スザクは戦いに挑む!最強の部隊を相手に彼は勝利する事が出来るのか!?そしてルルーシュもまた…。人智超越した世界で明かされる驚天動?...

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN21「ラグナレクの接続」

コードギアス反逆のルルーシュR2の第21話を見ました。TURN21 ラグナレクの接続C.C.とアーニャは気を失っていたスザクを発見した。「今はマリアンヌ、ルルーシュとナナリーのお母さんよ」黒の騎士団として、扇は動き、ゼロはもう生きてちゃいけないと考えをもっていた。「...
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
プロフィール

M

  • Author:M
  • 捕虜ルヤ・・・
    アレハレは宇宙の宝です。
    ゆっくりしていってね!!

    コメント、TB大歓迎でっす!お気軽にどーぞ!(但し、アダルト系TB・コメントはお断り。)
    詳しくはココ参照 / M++

    乙女ゲーム関連記事別ブログ
    プラスチック。

    メッセージなどなどはコメント・記事中拍手・メールフォームからどうぞ。(お返事希望の場合は必ずメールアドレス記載してください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ検索
RSSフィード
かうんた

DQ風味

ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ
ランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。