スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00:#5「故国燃ゆ」

今回はちょっと作画酷かったような。

アレルヤの顔でちょっと笑いそうになったわwwwwwww

かお長くなりすぎて馬みたくなってるって!
このままだと前の顔のほうがよかったなぁ・・・

今回はスーパーウサジタイム。
この惨劇はさじのせいだしねぇ。

CBやカタロンが活動しはじめたのを良いことに
アロウズが活発に動き出す。

ティエリア・刹那・スメラギさん・さじ・マリナが輸送艦に乗り、
ロックオンとアレルヤがガンダムで護衛しつつ
カタロンの基地へ。

やけに内部事情に詳しいライルロックオンに
ティエリアは不審がりますが、ライルは受け流す。

んー。
刹那がライル連れてくるときに
ライルに連邦がカタロンの基地狙ってるぞ、とか教えてたから
刹那はライルがカタロンメンバーなのを知ってるよねぇ?
他の人に言ってないのか?(結構重要なことのようなw)

刹那・スメラギさん・マリナ・さじはカタロンとの会談に参加。
カタロンにマリナとさじの保護を求め、カタロン側もそれを了解。
カタロンの基地に子供がおり、
刹那は自分がそうされたように子供を傭兵にしようとしているのか、
と聞くが、保護しているだけだと一喝される。

シーリンはマリナに子供の相手をしてくれと頼む。
(追い出したwwwwwwwwwwww)

そしてカタロンはCBと組みたい、というが
スメラギさんは政治的思想で動いているわけではないから組めない、と断る。

カタロン→反政府組織
CB→反軍事組織
だしね。
まぁ、目的は似たり寄ったりだが・・・

カタロンはそれでも協力を惜しまない、という。

アロウズではワカメカットな少佐とマネキン大佐が
前回の失策をせめられており、
今後は二人で策を立てるよう言われる。
そしてマネキンは乙女座仮面に
そういうわけなので私の指示にも従うよう言うが・・
「断固 辞退する。」
「何?」
「私は司令部より独自行動の免許を与えられている。
 つまりはワンマン・アーミー。たった一人の軍隊なのだよ。」

「そんな勝手が!」
「免許があると言った。」
ワンマンアーミーてwwwwwwwww

ソーマさんは荒熊(セルゲイ)と連絡を取っておりました。
荒熊さんは連邦正規軍として働いておるようですね。
そして・・
「大佐、あの件お受けしようかと思います。」
「あの件?」
「大佐の養子にさせていただく件です。」
「本当かね?」
「詳しくはお会いしたときに。」
──私は幸せ者だ。

やっぱり養子かぁ。まぁ常識で考えてそうだよねw

子供と遊ぶマリナを見つめるせっさん。
またマリナにお母さん見てるぅー

そこを通りがかり、せっさんを責め立てるさじ。
うぜええええええええええええええwwwwww

マリナは刹那にアザディスタンへ送ってほしいと頼む。
こっちはこっちでうぜええええwwwwwwww

「会談は終わったかい?」
「ああ。だが一つやることができた。」
「やること?」
「マリナ・イスマイールをアザディスタンに送り届ける。」
「それって・・」
「本当にいいのですか?」
「無理を言ってすみません。」
「ガンダムは使えないわよ。
 万が一発見されればアザディスタンに危害が及ぶ可能性があるわ。」

「この機体を使わせてもらう。ガンダムでトレミーへ。」
「分かったわ。」
「なんなら、そのまま帰って来なくてもいい。」
「バカを言うな。」
そして刹那・マリナと分かれるほかのメンバー。
「この4年間に何があったんだい?君が冗談を言うなんて。」
「本気で言ったさ。」
「えっ?」
「ふっ 冗談だよ。」

うわぁあああ眼鏡いい人!!!

さじはCBもカタロンもテロに変わりないので
こんなとこにいられない、と抜け出そうとする。
カタロンメンバーに見つかるが適当にごまかしていると
車を貸してくれることに。
さじうぜえwwwwwwwこの先の展開が見えるwwwwwww

そして案の定連邦軍に捕まるさじw
軽装だし、車はカタロンだし、どうみてもカタロンメンバーです。
本当にありがとうございました。
手荒な扱いを受けるさじですが、
セルゲイがそこに現れ話を聞いてくれることに。

セルゲイはさじがテロリストではないことを理解し、
なんとかしてくれようとするのですが
その話を盗み聞きしてたセルゲイの部下がアロウズに通報。
カタロンの基地の場所が割れてしまう。

その作戦とは
MS部隊で基地付近まで行き、
オートマトンをキルモードで基地内部に送り込む。
非道な作戦にマネキンさんやソーマさんは眉をひそめます。

セルゲイさんは勝手なことをした部下を殴りつけ、さじに逃げるよう言う。
「クロスロード君、今すぐここから脱出したまえ。」
「どういうことですか?」
「君の存在をアロウズに知られた。ヤツらは超法規的部隊だ。
 私の権限で君をかばいきることはできん。」
「そんな!」
「急ぐんだ!!」
そんな!じゃないよwwwww
ここまでしてくれてるだけありがたいと思えよばか!w

チャイナさんがCBにアロウズがカタロン基地を襲撃すると連絡。

刹那以外の3マイスターが出撃。

しかしアロウズのほうが一歩早く・・・
カタロンもMS部隊を出しますが、いかんせん旧型。
すぐやられてしまう。
そしてオートマトン投入。
一方的な展開にソーマさんは納得しきれない様子。

そこにマイスターズが到着するが、既にかなりの死傷者が・・
ライルは単独でつっこみ、ソーマさんは戸惑いながらもそれにあたる。

乙女座仮面も思うところがあるのか、離脱。
「興が乗らん!!!」
こういう陰湿なやり方は嫌いっぽいもんね。。

ライルは基地の入り口へ。
後から追ってきたソーマさんも絶句するほどの惨状。

「これが・・・こいつが・・人間のやることか!!」
ライルはオートマトンを狙い撃ち。
ソーマさんはそんなライルを後ろからただ見つめるだけ・・

一方MS部隊VSアレティエ
「無人兵器による虐殺行為。
 自ら引き金を引こうとしないなんて罪の意識すら持つ気がないのか!!」

飛行形態になりクローでMS真っ二つ。
アレルヤはやればできる子!

「ダブルバズーカ、バーストモード!!」
ティエもお怒りモード!

「許さねぇ・・許さねぇぞアロウズ!!」

アロウズは撤退。

「逃げんなよ・・逃げんなよぉアロウズーー!!!

三木さんの演技、いいなぁ。

一足遅れてトレミーが到着。
あまりの酷さに皆言葉を失います。

「これが・・・アロウズ。」
「そうだ。あれが我々の敵だ。」

撤退するアロウズのソーマさんも複雑な表情。
「私は超兵。戦うための存在。
 そんな私が人並みの幸せを得ようとした。
 これはその罰なのですか?大佐・・」

1番最初に見たとき、この台詞見るまで
ソーマさんがルイスだと思ってたとか言えない・・・w
あれ?超兵?とか思ったら ソーマさんだったw

さじもそんな状況を目の当たりにし、
「僕が・・・僕が話したせいで・・そんな・・・そんな!嘘だ!!!!」
やっと自分の立場を理解してきたかな?
違うっていっても連邦からしたら君はテロリストなのだよ!
いい加減理解しような!

刹那とマリナはようやくアザディスタンへ。
そこで目にしたのは・・・
燃えるアザディスタンと見覚えのある色のガンダム・・
「あれはガンダム・・しかもあの色は・・まさか!」
「そうよ。そのまさかよ!」
傭兵ひろしキタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ(゚ε゚)ノ!!!


カタロンとCBの結託、この機会では無理そうだねぇ。
予告でCBが告げ口したと思ったカタロンメンバーが銃向けてたし。
今後展開次第ではどうかわからないけど・・

これでライルはカタロンには戻れなくなる、、という感じになるのかなぁ。

【theme : 機動戦士ガンダムOO
【genre : アニメ・コミック

⇒comment

No title

>そこを通りがかり、せっさんを責め立てるさじ。
うぜええええええええええええええwwwwww

しかし、サジというキャラは、我々のような平和を享受している人間の代表ではないですか?自分の恋人と家族を奪った組織ですからねえ。サジの態度は当然だと思いますよ。

刹那たちは確かに重い過去を背負ってますが、1期での行いは生きるためでも何でもなく、自分谷の思想を通すために多くの人々を虐殺した、ただのテロ行為ですからね。直接には罪を犯していないサジとは大きな差があります。

まあ、自分だけ平和を享受して、戦争等で苦しんでいる人に目を向けなかったことが罪と言えばそうですが、それは我々にも同じ事が言えるわけで、私たちがサジをウザいなんて言う資格はないと思います。

たかがアニメの話と言われればそれまでですが、現実とリンクした部分もあるわけですし、やはり少しは考えるべきかと。主人公だからと言って、過剰に感情移入するのはどうかと思いますよ。

>岩西さん

コメントありがとうございます!

刹那たちを良いとは思っていませんよ。
現実世界で言えばアル○イダみたいな扱いでしょうからねw
キャラとしてはマイスターズ好きですけども!

さじがもう一人の主人公として描かれてるから
平和を望む一般人としての目線はわかりますが、
いい加減しつこく感じるのです。もう5話目だし・・

1話目で刹那をせめたときに
「テロリストと一緒に行くぐらいならここで死ぬ!」
ぐらいの心意気があれば理解もできましたが
なんだかあっさり刹那に連れ去られてるし
私にはさじの気持ちが到底理解できません。
今の時点では全てを人のせいにしてるだけだし。
(これから「じゃあ俺はどうする?」となっていくのが描かれるんでしょうけど)
今後のさじには期待してますよ。どう行動するか。

基本的に現実にこれが起こったらどうなる?ていうのは私は考えてません。
「アニメ」なので。それを考え出したらキリがないというか・・
テロとかあっても無くても死ぬときゃ死ぬしなーと。

描かれるのが多いからやっぱりマイスターズ主体の文章になるし、
私は女子なものでアレルヤ好きですしw
そういった文章になるのはご了承いただければなと思います。

ひいあぁぁあ~

・・・ってなったっヾ(゚д゚;)
さーーーじーーー!!バカスーーー!!!
ああああ心が痛いっっ

乙女座の迷言吹いたwwワンマンアーミーてwww
うんおいらもルイスだと思ってた≪ソーマさん
ひろしどんだけ耳イイのさ!?独り言wwww

ティエますます可愛くなるね~ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ

>KURI

さじくん明らかに2ndからはトラブルメーカーになってるよねwww

ハム仮面、ワンマンアーミーもそうだけど
「免許」てなwwwwww
「権利」とかならわかるけど免許てwwwwww

なんかアロウズのメットが色ついてるから
中の人の髪の色とか目の色がわかんなくて
誰が誰か区別つきづらいよね。
ソーマさんとルイス、あーやってみると声似てるwwww

もうオカッパ眼鏡が物分り良すぎて愛しいw
Secret

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話 「故国燃ゆ」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 ソレスタルビーイングとカタロンの代表による対話が始まった。ソレスタルビーイングに協力を求めるカタロン・・しかし、戦うべき敵の対象が違うことで、話し合いは平行線を辿る。そして・・・。

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第5話「故国燃ゆ」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第5話を見ました。第5話 故国燃ゆガンダム出現を利用して、ある計画を進める人物リボンズによる指示によって政府はアロウズの重要性を説いていた。「これは君の考え?」「さぁ、どっちかな?」「ともあれ、そろそろ僕達の出番となりそう...

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第05話「故国燃ゆ」

これが…アロウズ。 CBがそこに見たのは、予想をはるかに超えた、惨状。これがその罰、なのですか?沙慈はただ、orzするばかり… アザディ...
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
プロフィール

M

  • Author:M
  • 捕虜ルヤ・・・
    アレハレは宇宙の宝です。
    ゆっくりしていってね!!

    コメント、TB大歓迎でっす!お気軽にどーぞ!(但し、アダルト系TB・コメントはお断り。)
    詳しくはココ参照 / M++

    乙女ゲーム関連記事別ブログ
    プラスチック。

    メッセージなどなどはコメント・記事中拍手・メールフォームからどうぞ。(お返事希望の場合は必ずメールアドレス記載してください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ検索
RSSフィード
かうんた

DQ風味

ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ
ランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。