スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00:#6「傷痕」

毎度のことながらCBがボッコボコだぁ。

今回はティエリアさんが怖かったよう・・・w

カタロン基地に降り立つロックオン・アレルヤ・ティエリア。
カタロンメンバーはお前らがチクったんじゃないか、と詰め寄るが
ロックオンがたしなめる。
(もうロックオンがカタロンメンバーなことはスルーかw)

── 一体、誰がアロウズに・・

基地に戻ってきたさじくんは
自分のした行動によってもたらされた結果に驚愕。
逃げ出そうとするがティエリアに肩をつかまれる。

スメラギさんはこの虐殺を見て
自分の過去を思い出し、ぶっ倒れる。
AEUに居たっぽいねー。
好きな人を戦術予報ミスで死なせてしまった・・とか
そんなところかな?

さじくんはティエリアに洗いざらい話す。
そしてティエが一発ビンタ!
「何という・・・何という愚かなことを。万死に値する!
「こんなことになるなんて思ってなかった。
 僕は戦いから離れたかっただけでこんなことに・・・
 そんなの・・・僕・・・」

「彼らの命を奪ったのは君だ!君の愚かな振る舞いだ。
 自分は違う。自分には関係無い。違う世界の出来事だ。
 そういう現実から目を背ける行為が
 無自覚な悪意となりこのような結果を招く!」

「僕は・・そんなつもりじゃ・・・」
「ティエリア。」
「刹那。」
「どういうことだ?あれは。」
「アロウズの仕業だ。そしてその原因は、彼にある。」
泣き崩れるさじくん。もー遅いよね・・・
ティエリアの言ってることはごもっともなんだが
ぐいぐい傷口を攻めるねwwwwwwいいぞもっとやれwwww

刹那はマリナを連れて一旦帰還。国燃えてるので。
マリナはシーリンに訳を話すと
シーリンはよく戻ってきた、と言う。
刹那が強引に連れ戻したようです。
シーリンは彼に感謝しなくては、と。
マリナはあの国と共に死んでもよかった!と言うが・・
死んだら意味ないよ姫・・・
死んで国がよくなることはありえないんだし。
命をかける覚悟があるのは良いことだけどね。
そのへんを刹那は汲み取ったのでしょう。大人なったねぇ。

マイスターズはさじを連れてトレミーに帰還。

チャイナさんはCBの甘甘な行動に嫌味を言う。
そして紅龍に「お兄様」と・・・・
なんかさらっと重大なことが暴かれた気がするんですけどw

マネキンさんはCBの戦術にデジャヴを感じる。
お互い予報士で間違った情報からお互いの軍が戦うハメに
なってしまった・・・らしい。
AEU同士だし、スメラギさんと知り合いかー。

ソーマさんは今回の虐殺事件で塞ぎこんでおりました。
そこにセルゲイさんからのメールが。
自分が手に入れた情報で今回の掃討作戦は実行された、すまない、と・・
ソーマさんは大佐もつらいはずなのに私をこれほど気遣ってくれる・・
その心意気に超兵として幸せなどを求めず、
戦場に立ち続ける覚悟をしたのでした・・
ここホロリとした・・つらいなぁ強化人間。

ソーマさんとルイスさんが格納庫でお話。
「あなた無理をしている。」
「えっ?」
「私の脳量子波がそう感じる。あなたは心で泣いている。」
「そんなことは・・・」
「誰かをずっと想ってる。」
超兵ってすごいなwwwエスパーかよ!
そこに荒熊息子、アンドレイが。
ルイスを見て一言・・・

──乙女だ。

は?w
ほれたか!?

カタロンメンバーの移送が開始される頃を見計らって
わざとアロウズに見つかるようにするCB。

アロウズでは戦術会議が。

「肩に動力のある2個付きのガンダムは私が相まみえる。
 干渉、手助け、一切無用。」

マネキン「なんだと?」
ジニン「いいではありませんか、大佐。ライセンスを持つ噂のミスター・ブシドー、
     その実力、拝見したいものです。」
「ご期待にはお応えしよう。しからば・・」
なんと言う自己中wwwwwwwアロウズも大変だなw

CBはガンダムを出撃させる。そして!アリオスが!!!
「脳量子波が無くても・・・」
「ユーハブコントロールです。」
アイハブコントロール
 アリオス、アレルヤ・ハプティズム迎撃行動に入る。」

キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ(゚ε゚)ノ!!!
久しぶりにキタアアアアアwwwwwww

「ドライブ二つのガンダムは任せますよ。ミスター・ブシドー。」
「望むところだと言わせてもらおう。」
いちいち言い方がくどいw
そこが仮面のいいところwwww

やっぱりさージンクス3がグロースター(ギアス)に見えてならない。
マントつけたらいいんじゃないか・・

ケルディムは水面ぎりぎりで下から狙い撃つ。
これかっこいいね!

アレルヤは相手がソーマさんだと気づき、必死に呼びかける。
ソーマさんがピンチに陥り、ルイスさんが助けに行こうとしますが
トレミーからのビームに邪魔される。
キレたルイスさんトレミーに特攻。
惚れてる(?)アンドレイもルイスさんのカバーへ回る。

イアンがサブブリッジから射撃を担当することに。
そこに「何かしたい」とブツブツ言ってたさじくんも一緒に行く。
しかしいざ撃とうとするとためらうさじくん。
──人を殺せば、君たちと同じになる。
──戦えばまた罪のない人が傷つく。
──君たちは憎まれて当たり前のことをしたんだ!
──あの子供たちも君たちの犠牲者だ。

ああああああああもう何したいんだよwwwwwwww
男らしくないなぁ。(そこがさじの特徴ですが)
いつになったらこの子覚悟するんだろう。
まー撃とうとしてるの、ルイスさんなんだけど・・・
スメラギさんが目覚ましたようなので
さじくんが撃つ寸前に何らかの方法で回避する予感。

00とブシドーは00が押され気味。

アレルヤとソーマさんはアレルヤが必死に呼びかけて戦闘にならず。
「やめてくれマリー!僕だ!アレルヤだ!」
「私は、超兵だ!!」
アリオスはコックピット横をビームサーベルで貫かれ、破損。
「マ・・・マリー!!」
ジンクスに手を伸ばすアリオス・・

もうこれ主人公側じゃなかったら死んでるシーンですよ。
危ないよアレルヤ!

以下予告
アレルヤとピーリスによって露呈する過去。
それはマリーとの再会。
それはピーリスとの別れ。
次回、再会と離別と。
私はあなたの娘になりたかった。


なんかすごい不吉な予告だけど・・(死んだともとれるし)
超兵としての記憶が無くなるってことなのかな・・・
前回アレルヤが回想してたときに
マリーとアレルヤが話してるところを
超兵機関のオッサンらが見てたから
マリーも何らかの目的があって作られた人格なような・・
アレルヤはあのときの出来事を神格化しちゃってるけど
実は仕組まれたもので、大人たちに振り回されてるだけだった、とか
哀しいことになりそうな気がしてならない。

【theme : 機動戦士ガンダムOO
【genre : アニメ・コミック

⇒comment

アイハブコントロール!

アンドレイの「乙女だ」はウケたwww
オヤジさんもまだ乙女なのに・・・みたいなこと言ってなかったっけ?
親子だねーって思ったwww

来週はアレルヤとソーマさんの回だね~。
アレルヤかわいそうなことになりそうでこわいよー!!

チャイナさんの「お兄様」にはびっくりだったよね!!
なんでだ?「お義兄様」なのか?
それとも、一族を裏切ったかなんかして頭があがらないのかな?
あくまで執事のよーな存在だと思って、たいして気にしてなかったけど、
どーなのよー!! ってすごい気になってきた!!

>友子

「乙女」って言葉が普通出てこないよねwwww

アレルヤどうなるんだろう・・・
てか最近あの4人の中じゃ一番死にそうで怖いよwwwww

おにーさまなのに何故妹に頭が上がらないのか、
ナゾがナゾを呼ぶガンダム00!w
てか妹をお姫様だっことかしてたのかよ・・・
なんかよくわからん兄妹だw
Secret

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO 第6話 「傷痕」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アロウズの攻撃により倒れるカタロンの兵士。今わの際につぶやかれた言葉に、スメラギは忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。時を同じくして、リントから戦果報告を受けていたカティもまた、過剰ともいえた作戦に表情を?...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第6話

「傷痕」 マリナとともに、アザディスタンに向かった刹那の目に映るのは、炎上する街。そして、サーシェスの駆るガンダムの姿…。その頃、...

機動戦士ガンダム00 2nd Season #06 傷痕

俺がガンダムだ俺がガンダムだ俺がガンダムだ俺がガンダムだ なんか最近あんまり聞きませんねー寂しい…。 ってことでネタバレ満載の感想は...

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #06『傷痕』

絶望した!! 何に絶望したかってーと次回予告でもかろうじてボカされてたのに 携帯待受で盛大に次回のネタバレをされた事っすよ(号泣) ちっくしょ・・・何でだよぅ。 この件にはあえて触れませんけど、頭真っ白になっちまったぜ。

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第6話「傷痕」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第6話を見ました。第6話 傷痕アザディスタンに戻った刹那とマリナはスローネがアザディスタンを燃やしている現場に遭遇する。「あの機体はまさか…!?」「そうよ、そのまさかよ!!」アロウズの襲撃を受けたカタロンの基地は壊滅的で、ソレ...

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第6話 『傷痕』

▼ 第6話「傷痕」  それが運命というなら、抗うことはできない――。 凄惨な虐殺の爪痕…。 それはスメラギとカティに忌むべき過去を思い...
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
プロフィール

M

  • Author:M
  • 捕虜ルヤ・・・
    アレハレは宇宙の宝です。
    ゆっくりしていってね!!

    コメント、TB大歓迎でっす!お気軽にどーぞ!(但し、アダルト系TB・コメントはお断り。)
    詳しくはココ参照 / M++

    乙女ゲーム関連記事別ブログ
    プラスチック。

    メッセージなどなどはコメント・記事中拍手・メールフォームからどうぞ。(お返事希望の場合は必ずメールアドレス記載してください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ検索
RSSフィード
かうんた

DQ風味

ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ
ランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。