スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37話「雷鳴の闇」

いやいやシン目線なせいか
アスランがものすごい悪い人に見えてきたんですけど・・
なんか行動力が間違ったほうに働いてるというか・・・w
君がこの大事な時期によりによって
バレバレな逃走をし、
メイリンを巻き込んだおかげで
大騒ぎだよ!!!!111

んで、デスティニーガンダム。
見る前までどんどん羽が進化するなあ
なんだかなあって思ってたけど、
やっぱり羽バッサーーしながら飛ぶ姿はかっこいいっすわ。

レイの洗脳大作戦が始まりました!
(↑ちょっとかっこよかったぞ)
種割れしてアスランを撃墜するシン。
まぁ、あの場でどちらの言葉を信じるかっていうと
シン的には議長、レイコンビだろうね~。
元々アスランと仲悪かったしw
ザフトとしての自分>ハゲラン
シンの行動はあたしは全面的に支持できるなあ。

シンの持ち合わせている情報、
見ているもの、聞いたもの、
全て総合したらやっぱり議長が正しくみえると思う。

視聴者的にはキラの意図やアスランの意図も見てるから
シン騙されてるよ!って思えるけども。

つらいながらもグフ撃って、
ルナマリアにすれ違いざま「ごめん」っていうのは
せつないなあああああ
シンが悪いわけじゃないもの!命令だもん。
仲間とはいえ。。。

鬼になりきることもできないんだろうな。

ていうかさ、アスランとメイリンAA?に拾われたみたいだけど
誰がその動きを察知してたのよ?w
ニュータイプキラか?
もう残りの回数少ないからなんでもアリだなw

どーにもこーにもラクスに興味もてないんで
ラクスVS議長は正直どうでもいいよ・・w

⇒comment

Secret

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムSEED DESTINY PHASE-37 「雷鳴の闇」

いつの間にか改装終わってたみたいですね。何かもう土曜日は、「久しぶりにガンダムの事書くかー」ってな感じだったんですが、改装とかでやる気激減。何もかもがうまく行きませんね。何かやたら重たいしさ。ま、愚痴はこの辺にして久しぶりにガンダムでも。と

第37話「雷鳴の闇」-負傷ザラにモエてしまった…-

第37話「雷鳴の闇」-負傷ザラにモエてしまった…- 感想です。えー、長い長いメンテも終わり、ようやくアップできました。まず、一言だけ言わせてください。キラもザラも復活早すぎやねん   「オクレ」を見ろ!「遅れ

SEED DESTINY 第37話 「雷鳴の闇」

前回、脱走したアスランとメイリンの追撃を命じられるシンとレイ。新型機で出撃します。ずいぶん先行しているはずのアスランのグフですがあっさり追いつかれてしまいました。さすが新型!ってことで・・・追いつかれたアスランはシンの説得を試みますがとりあえず前回で敵決

SEED DESTINY 37話

最近、ルナ派からメイリン派に移った全国のメイリンファンじゃなかったS-Dファンの皆様!急なメイリン株の急騰によりアニメ証券取引所では、メイリン買い!の声がやまなかった事でしょう。では、感想に行きます。

PHASE37みたいなもの。

ネタバレってゆうかネタです。今日はいい話だった、とか今日のミーア良かった、とゆう方スルーしてくださいましね。では今回の話。「油断するなよ、追うのはアスラン・ザラだ」「アスランて…そんな、何で」回想するシン。そういやアイツ、親にもぶたれた事ないのにぶったな
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
プロフィール

M

  • Author:M
  • 捕虜ルヤ・・・
    アレハレは宇宙の宝です。
    ゆっくりしていってね!!

    コメント、TB大歓迎でっす!お気軽にどーぞ!(但し、アダルト系TB・コメントはお断り。)
    詳しくはココ参照 / M++

    乙女ゲーム関連記事別ブログ
    プラスチック。

    メッセージなどなどはコメント・記事中拍手・メールフォームからどうぞ。(お返事希望の場合は必ずメールアドレス記載してください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ検索
RSSフィード
かうんた

DQ風味

ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ
ランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。